%E3%82%B9%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%

isonuma
milk
farm

磯沼牧場 代表

​磯沼正徳の歴史

「History」

​「Do」

昭和27年 磯沼家長男、磯沼正徳が誕生。
 
その年、父親が牛を連れてきたことから酪農人生がはじまる。

昭和40年 初めて搾乳の仕事を手伝った際、この仕事を一生やることを決意する。大学は東京農業大学短期大学に進学する。

昭和47年 近隣の若い酪農家と毎日のように
 「未来の酪農」について朝まで語る日々。

昭和51年 オーストラリアでの研修で見た牛が放し放し飼いで
 
ストレスなく生活していることに衝撃を覚える。
 
生産効率第一主義の日本の酪農とは真逆の方向に
 舵を切り悪戦苦闘する日々。

 『家畜福祉』の考えを基本にし、
 フリーバーン(牛が自由に歩ける飼育)を牧場に採用する。

平成6年 酪農家とお客様を繋ぎたい想いから、
 世界一小さいヨーグルト工房を建てる。

 ジャージー生乳100%のこだわりヨーグルトと
 品種の違うブレンドミルク「みるくの黄金律」は
 数々の賞を受賞した。

平成24年 セレオ 八王子に直営店、磯沼ミルクファームを出店。

令和3年 当初1頭から始まった牧場も今では100頭を超える。
 これからも、地域の人たちの交流や学びの拠点として、
 「より身近に、より楽しめる牧場」を目指している。

昭和27年 磯沼家長男、磯沼正徳が誕生。その年、父親が牛を連れてきたことから酪農人生がはじまる。
昭和40年 初めて搾乳の仕事を手伝った際、この仕事を一生やることを決意する。大学は東京農業大学短期大学に進学する。
昭和47年 近隣の若い酪農家と毎日のように「未来の酪農」について朝まで語る日々。
昭和51年 オーストラリアでの研修で見た牛が放し放し飼いで
ストレスなく生活していることに衝撃を覚える。
     
生産効率第一主義の日本の酪農とは真逆の方向に舵を切り悪戦苦闘する日々。
     
『家畜福祉』の考えを基本にし、フリーバーン(牛が自由に歩ける飼育)を牧場に採用する。
平成6年 酪農家とお客様を繋ぎたい想いから、世界一小さいヨーグルト工房を建てる。
      
ジャージー生乳100%のこだわりヨーグルトと品種の違うブレンドミルク「みるくの黄金律」は数々の賞を受賞した。
平成24年 セレオ 八王子に直営店、磯沼ミルクファームを出店。
令和3年 当初1頭から始まった牧場も今では100頭を超える。

      これからも、地域の人たちの交流や学びの拠点として、「より身近に、より楽しめる牧場」を目指している。

​取り組み

​私たちが行なっている

​その​   アニマルウェルフェア

​1​

アニマルウェルフェア(家畜福祉)の考えを基本とし
つなぎ飼いでなく、牛たちが自由に「歩く」「寝る」「ご飯を食べる」ことができる牛舎を採用しています。

​その​   エコフィード

​2

牛のエサに「エコフィード」を取り入れています。
食品工場から出る野菜や果物を干し草とよく混ぜ牛たちに与えることで、自然のビタミンやミネラル豊富な飼料を取れるようにしています。

​その​   循環型社会への貢献

​3

コーヒー・チョコレート工場から出た、豆や殻を牛床(牛の寝床)に敷くことで、本来産業廃棄物を利活用し、廃棄コストやエネルギーの削減に繋げています。

​その​    6品種の牛

​4

​磯沼牧場には 「6」 種類の牛がいます。品種によって大きさ・毛色・性格・ミルクの味まで違います。特性を活かした乳製品が作れるのは酪農家だからできる特権です。

​私たちが

​伝えていること

TVや新聞・雑誌の取材に応じ、
今の酪農家の仕事内容から、時代に合わせて
「人」と「牛」をどう繋ぐのか発信しております。

​カウボーイ・カウガールスクールという、
子供達が牛の世話や乳製品で料理することを通じ、
家畜動物のありがたみや、食育を学べる場を提供しています。

​時には都内の方に出張し、都内の方々が
ふだん出会えない牛を「見れる」「触れる」「感じる」ことで、
家畜動物の存在や大切さを再認識して頂けるように努めています。

​幼稚園の遠足から大学の講義まで、様々な場所で
酪農家としての仕事や牛にかける思い、人と牛がどう共存しているのかなど
​実際の現場からの「声」を伝えています。

酪農だけでなく
田植えや凧揚げ、チーズ・ピザ作り、
流しそうんめん、勉強会、羊の毛がり...ect

​みんなが楽しめる牧場でありたい

 磯沼正徳へメッセージ

送信ありがとうございました

​SNSもやっています
ほぼ毎日更新!!

  • Facebook
  • Instagram